Shinya talk

     

 

2020/05/19(Tue)

指原莉乃と検察庁改正法。(CATWALKより転載)


サッシーこと指原莉乃が今回の検察庁改正法に同調せず、なかなかお上手なコメントで避けていることがネット上で話題になっている。


私は数年前雑誌スイッチで彼女の表紙撮影をしており、その際、なかなか勘の良い子だと思った。

その後秋葉原AKB劇場の10周年のおり、専属以外は入れない会場に特例で入れていただき2度目の出会いがあり、彼女が勘が良い上になかなか立ち回りのお上手なタレントだなと感じた。


会場で出会った秋元康さんは礼儀正しい方で目上の私に向かって深々と礼をし、私も礼をしたのだが、その後秋元さんがいなくなってから、タレントでごった返す会場の遠くから指原が急いで近づいて満面の笑みで挨拶に来た。


一度撮影したとは言え、その折は私の事は知らなかったはずで、これほどの親密感を見せ近ずくのを見て、おそらく秋元さんが深々と礼をする写真家だからよほどの人だと思ったのかも知れない。


そういう意味では空気を読むのが大変お上手である。

今回多くの芸能人がハッシュタグをつけた検察庁改正法に関しても逃げ方がなかなか上手だなと思った。


まあ確か松本人志と同じく安倍首相と同席して飯を食ったという記憶があるから、そういう意味では微妙な立場ではあるのだろう。

     

 

2020/05/08(Fri)

お隣の韓国がどのようにコロナウイルス問題に立ち向かったかのひとつの好例。(CATWALKより転載)



先日来、韓国での私の本の編集をやってくれたカン君に韓国事情を聞いているのだが、うらやましいことに今は平時のように繁華街は賑わっているそうだ。



政府は完全に手綱を緩めたわけではなく、慎重を期している部分もあるらしいが、成功という言葉は早計かも知れぬが、新型コロナウイルスを世界でいち早く攻略したと言えるわけであり、安倍政権は学ぶことは多いと思う。

だが嫌韓の彼はジェラシーを感じこそすれ韓国方式に学ぶことはないだろう。



カン君の話によると韓国でのコロナウイルス対策で有効だったのはこれは台湾にも当てはまることだがネットを有効に使ったとのことが大きいとのことだ。



つまりどこどかで感染者が出た場合、個人情報は一切伏せた形でその番号を振った感染者が何日の何時にどのような経路をたどって何をしたかという詳細情報がホストコンピューターに蓄積され、そこにアクセスすることによって自分の行動経路と照らし合わせることができる仕組みになっている。



そして感染者と自分の行動経路が重なる部分があれば直ちにPCR検査に向かうということを国民がこぞって行ったらしい。

このPCR検査も申し込めば直ちにやってくれるそうだ。

日本では37,5度以上の熱が4日以上続いてやっと保健所が申請に動く(実際には40度近い熱が4日続いても検査を受けられなかった例もある)。まるでアフリカの後進国並みだ。



韓国では国民のそのような動きが自らの感染リスク回避であるとともに集団の感染リスク回避にもなったわけだ。

韓国はアマゾンも入り込む余地がないほど早くからネットが発達し、このネットリテラシーを最大限に利用したことが今回のコロナウイルス攻略の鍵となったということである。



この日本ではどこどこの地区に何パーセントの人出があったということを携帯情報から集めているとのことだが、それくらい個人所有の携帯の位置が把握できるわけだから韓国方式を取り入れることは可能だったのではないか。

だがコロナウイルス問題にネットを駆使したというようなことはついぞ聞かない。

毎日膨大なコロナ情報を流しているマスコミもまたお隣韓国のコロナウイルス対策がそのように取られていたということを報道されたのを私の知る限り聞いたことがない。

政府のみならずメディアもまた韓国に触れることに無意識にバイアスがかかっているのではないか。



カン君はもと早稲田の学生として日本に留学しており、最初に電話をかけた時、コロナウイルスでの韓国の人々の心情を尋ねたところ以下のメールが返ってきた。

個人的なやりとりであり、日本語で表現するのにハンディがあっただろうが快諾してくれたので以下に掲載する。











藤原新也様

今日は久しぶりに通話できまして、嬉しかったです。

電話してくださって、ありがとうございます。

僕は日ごろネット経由で、日本の新聞記事やニュースには耳を向けていますが、最近のようにがっかりしたことはありませんでした。

阿部政権でやっていることはよそ者の僕が見てもひどいことばかりで、日本の国民は本当におとなしいな、と思うだけです。

もし韓国だったらほとんどの人が政権に立ち向かうのでしょうね。

僕が早稲田にいた頃の日本社会は今よりもずっと寛容と教養があったような気がします。いち早く日本が僕が知っている社会に戻ってほしいと願っています。

さて、今回のコロナウイルスは韓国社会、韓国人にどういう影響を与えたのか、という話ですが、

韓国でもコロナ事態が終わったわけではありませんから、今後も様子を見てみないといけませんが、韓国人の思考と生活に大きなショックを与えたに違いありません。



思い付きで書いてみます。



私は以前国あるいは政府は何なのか、その存在に疑問を抱いていましたが、こういう非常状態になると政府はの大変重要な役割を果たす機関だな、ということで、その存在理由を認めざるを得なくなりました。

私の周りには税金を納めている理由が初めて分かった、と言っている人もいます。

それは政府のやり方に国民が納得した、ということですね。

わかりやすい政策方針を決め、國民を優先する速やかな対処すすめ、透明に情報を公開するといった常識がリーダーシップの源泉であるということか、と思います。韓国人はもう少し自負心が高くなったのではないでしょいうか。



だといっても一般国民の生活はかなりダメージを受けています。

特に社会の弱者と言われてきた人には大きな影響を与えています。

厭世主義的な考え方も流行っています。

階層間の葛藤も見えます。

その中でも、当分は家賃を半分にします、という大家さんが出てきて、話題になりました。



会社中心の考え方は間違っている、と多くが人々が気付きました。

経営合理化を理由に非正規雇用を認めてきたのは間違いだったとわかったのでしょう。



また、家族の大事さを改めて悟った、という傾向もあるようです。

会社人間がいきなり家族人間に変貌するパターンですね。

韓国では封鎖はなかったですが、それでも飲み会がなくなり、家族と過ごす時間は増えたのは確かです。



それ以外にもいろいろなことがありそうな気がします。

周りの人とも意見を交換してみます。

今日は眠いので、これで失礼します。



すみません、また、改めて、ご連絡申し上げます。



かん





注・カン君はいつも体制批判的なところがあり、今回のように政府を褒めたのには私自身驚いた。

それくらい韓国政府は今回のコロナウイルス問題にうまく立ち向かったということだろう。



追記

英BBC(電子版)は4月30日、PCR検査について「日本の検査数の少なさは疑問だ」と題する記事を掲載。日本の感染者数は28万〜70万人におよぶという試算を紹介しながら「日本は検査数を増やさないと、パンデミックの終結はかなり困難」という専門家の厳しい見方を取り上げた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18227955/





     

 

2020/05/07(Thu)

この迷走船はいったい何処に向かって針路を取ろうとしているのか。(CATWALKより転載)



「迷走」という言葉がある。



これは道のある陸上の言葉ではなく、例えば「第七管区海上保安本部若松海上保安部などが取り組んでいる迷走船対策」と言うように道というもののない海洋における船舶の航行、あるいは空の飛行機の飛行の様を表す言葉だ。



私も海洋の航行時にたまに迷走船に出くわすことがある。

その多くは海が荒れた時のことで、波間に見え隠れする遠くの船の針路が定まらず、フラフラして一体どこに行こうとしているのかわからない。



こっちかな、いやこっちかなと、慌ただしく針路を変える。



つまり慌てているのだ。











この日本丸と言う船の舵を握っている安倍首相はさしずめ荒れた海の中のあわてた船長のように見える。



そのおかげでいわば今日本は海上保安庁の言うところの「迷走船」そのものとなっている。



自分一人で遭難するなら構わないが、この船には一億二千万もの乗客がいるのだ。



投稿の中で安倍のマスク云々とこだわるのはどうかと思うと言うのがあったが、私は以下のようにそう言った細部にすでに彼が針路定まらぬふらつき船長であることが現れていると指摘している。










466億円もの大金を使い、全家庭に2枚の布マスクを配るという信じがたい駄策を発表するやいなや、各方面から布マスクは不織布マスクに比べ使い物にならないと指摘されると、慌てて彼は通常の不織布マスクに付け替えた。

だが今度は、では国民に配った布マスクを安倍首相はなぜ装着しないのかという批判が飛び出た。そうすると安倍首相はまた不織布マスクをやめ、再びあの布マスクを再装着しはじめた。

私がすでに終息しているマスク問題にこだわるのはこれは単にマスクにとどまる問題ではなく、そう言った細部にこの緊急時に政権の「ふらつき」というものが如実に見て取れるということに他ならない。











その後、このマスクのふらつきの一件は案の定、その直後に特定世帯30万給付と一旦正式発表したものを引っ込め、国民一人当たり10万に切り替えると言う針路定まらぬふらつきに如実に現れる。



この舵取りのふらつきはさらに続き、4月7日に7都府県緊急事態宣言を発令したものの、都府県から他県への人々の移動を見て慌てて16日に緊急事態宣言を全都道府県に拡大。



その4月16日の緊急事態宣言は連休明けの5月6日までとしていたが、全面的ロックダウンのできないこの日本において連休明けに解除に至る状況になるとは国民の誰もが思っていなかったはずだ。



そして今日さらに1ヶ月延長。

この荒海の中、三度にもわたる針路の変更は国民の神経と忍耐に疲弊をもたらす。



一体この船はどこに行こうとしているのか、ふらふらと針路を変える日本丸に乗っている乗客はたまったものではない。











かと言って荒海の海洋の中の迷走船の針路を誘導する海上保安庁船のような役割をする、つまりこれは他国と言うことになるのだが、助け船を出す国はないのかと言うと決してない訳ではない。



先日私の本の韓国版の仲介をしているカンさんに電話をしたことろ、韓国ではPCR検査のキッドの提供など日本に何度も協力の打診をしているそうだ(こうした報道はなぜかない)。

しかも韓国におけるPCR検査の精度は日本の40パーセントに比べ80パーセントと高いらしい。

日韓関係の悪い中、韓国に助け船を求めるのは政権のプライドに傷をつけることになるわけだが、そんなプライドはかなぐり捨て、救済一途に邁進する。

つまり命を賭けるような迫力がない。



その点、今回の新型コロナウイルス戦争において、ニュージーランドのジャシーダ・アーダーン首相、台湾総統のサイ・エイブン、ドイツのメルケル首相と揺らぎのない船の操縦を見せた国主が女性であったことは特筆すべきことだろう。



一般的にというか、いやほとんど全てと言ってよいが、船の船長というものはおしなべて男性だ。

そう言う意味ではトランプやプーチンや安倍と言った男性の舵取りがふらつき、女性がヨーイング(左右のふらつき)をしっかりと制御する舵取りを見せていることには驚きを禁じ得ないが、それはひょっとすると驚くべきことではないのではないかも知れない。

それは女性国主のそれぞれが愛の言葉をもって国民に接したということだ。

台湾における部下の大臣は武漢から帰国した国民の一人が感染者だったことにさえ涙した。

それによって国民はその「人間の言葉」に自ら進んで従い、合わせてその心に潤いすら与えられたと思える。



官僚の作文をクールに棒読みするような国主の国においてはいかに医学的能力が高かろうがおそらくこの闘いには勝てない。

というのもこれは生物対生物の闘いであり、武器と最も遠い人間の心というものが皮肉にも最も性能の良い武器だということである。







202004のログ TALK一覧ヘ