Shinya talk

     

 

2020/05/19(Tue)

指原莉乃と検察庁改正法。(CATWALKより転載)


サッシーこと指原莉乃が今回の検察庁改正法に同調せず、なかなかお上手なコメントで避けていることがネット上で話題になっている。


私は数年前雑誌スイッチで彼女の表紙撮影をしており、その際、なかなか勘の良い子だと思った。

その後秋葉原AKB劇場の10周年のおり、専属以外は入れない会場に特例で入れていただき2度目の出会いがあり、彼女が勘が良い上になかなか立ち回りのお上手なタレントだなと感じた。


会場で出会った秋元康さんは礼儀正しい方で目上の私に向かって深々と礼をし、私も礼をしたのだが、その後秋元さんがいなくなってから、タレントでごった返す会場の遠くから指原が急いで近づいて満面の笑みで挨拶に来た。


一度撮影したとは言え、その折は私の事は知らなかったはずで、これほどの親密感を見せ近ずくのを見て、おそらく秋元さんが深々と礼をする写真家だからよほどの人だと思ったのかも知れない。


そういう意味では空気を読むのが大変お上手である。

今回多くの芸能人がハッシュタグをつけた検察庁改正法に関しても逃げ方がなかなか上手だなと思った。


まあ確か松本人志と同じく安倍首相と同席して飯を食ったという記憶があるから、そういう意味では微妙な立場ではあるのだろう。